決闘者の記録

凡人が趣味について記録してくブログ

【遊戯王】《増殖するG》の使い方を知っているか?

あなたは《増殖するG》の使い方を知っているでしょうか?

最近では遊戯王プレイヤーならデッキに必ず入っているほどの必須カードです。

しかし、使い方、刺さる刺さらないデッキを知らない人はまだまだ多い気がします。

そんな方のために《増殖するG》の使い方や刺さる刺さらないデッキをまとめてみました。

f:id:jokun0404:20170525191603j:plain

 

《増殖するG》の使い方

基本的に相手が特殊召喚してきそうな場面でチェーンして発動します。

相手のカードにチェーンした場合、1:1交換でその後の展開を抑えることができるので基本的にはこの使い方です。

 

そしてもう1つの使い方は相手が行動を起こす前に発動する使い方です。

この使い方は相手のデッキがチェーンブロックを組まないモンスターで構成されているデッキ、相手に特殊召喚をさせたくない場合の使い方です。

 

《増殖するG》を使う注意点。

《増殖するG》は特殊召喚を封じる効果ではありません。あくまで相手へのけん制にしかならないので注意が必要です。

 

《増殖するG》の刺さるデッキ

《増殖するG》でアドバンテージを稼ぎやすいデッキというのは1ターンに何度も特殊召喚するデッキです。

最近ではほとんどのデッキが特殊召喚での大量展開をしてくるので、どのデッキでも刺さることは間違いないでしょう。

しかし、刺さらないデッキもわずかに存在します。

 

《増殖するG》の刺さらないデッキ

 《増殖するG》が刺さらないデッキというのは特殊召喚の少ないデッキアドバンス召喚主体のデッキ特殊召喚を封じるデッキです。

これらのデッキとの対戦では《増殖するG》を使用してもアドバンテージを稼げず相手へのけん制にもならないのでマッチ戦2戦目以降では抜いてしまいましょう。

 

まとめ

 《増殖するG》は打ちどころ次第でアドバンテージを稼ぐ量が変わってきます。

対戦では冷静に打ちどころを判断してアドバンテージを稼いでいきましょう。

ご閲覧頂きありがとうございました。