決闘者の記録

凡人が趣味について記録してくブログ

【遊戯王】今更ながら帝デッキを使ってみる

どうも、こんにちは!底辺遊戯王プレイヤーです。

 

久しぶりに遊戯王をやりたくなりショップ大会に出る事にしました。

 

しかし、まともに戦えるデッキがなく帝を使用しショップ大会に出る事に。。。

 

使用したデッキは0帝と呼ばれるデッキで《真帝王領域》で相手のエクストラデッキからの特殊召喚を封じビートダウンしていくデッキです。

f:id:jokun0404:20171026182908j:plain

 

しかしながらこの0帝は《灰流うらら》がガチで刺さるデッキです。ただでさえ事故を起こしやすいのに妨害までされてしまうと何も出来なくなってしまうのです。

 

実際の大会でも妨害されて身動きがとれずに敗北。。。

 

 そこで《灰流うらら》を意識した構築にしてみました。

まず1つ目は《灰流うらら》で無効にされたら召喚権も奪われてしまう《天帝従騎イデア》を召喚権を使用しないが相手フィールドにトークンを送ってしまう《雷帝家臣ミスラ》に変更。

 

2つ目は初手での《汎神の帝王》や《深淵の帝王》などの《灰流うらら》による妨害を防いでくれて尚且つリリース要因を確保できる《PSYフレームギアγ》を採用してみました。

 

以上この2点を採用しもう一度大会に出る事に!

 

しかし現実は甘くはありませんでした。

 

結果は1回戦敗退ストレート負け、内容はマッチ戦2戦とも手札事故で身動きとれずにライフを削られて敗北。

 

無惨な終わり方でした。

 

ここまで事故の多いデッキには何か問題があると思いデッキ構築を見直す事にしました。

何時間もかけて考えた結果、見つけ出した答えは。。。

 

このデッキ構築では《灰流うらら》を恐れてデッキを回す事が出来なかったので構築をガラリと変える事に。

 

そして《灰流うらら》を意識するのではなく、相手にあえて《灰流うらら》を打たせるためにデッキからのドローやサーチ系カードを増やしてみました。

特に帝では闇属性を多く採用する事になるので《闇の誘惑》を採用してみました。

 

更に0帝としての要素を捨てエクストラデッキとアーティファクトを採用 

f:id:jokun0404:20171025174138j:plain

アーティファクトを採用する利点としては《アーティファクトの神智》によるリリース要因の確保や《アーティファクト‐デスサイズ》《アーティファクト‐モラルタ》による相手への妨害、この点が0帝での《真帝王領域》と比べて使いやすく応用が効いたので採用してみました。

 

そして最後に帝と相性の良い除去カード《妨げられた壊獣の眠り》を採用

このカードの利点は場をリセットしてからリリース要因を確保出来る所

更に採用する壊獣を《闇の誘惑》に対応できるようにしてデッキの回転率を上げる事ができます。

 

3度目の正直、いざ大会へ!

初戦は海皇ガエル

マッチ1戦目、後攻。誘発などで動きを止められましたが帝本来の動きで圧勝。

マッチ2戦目、後攻。2戦目も帝のデッキパワーで圧勝でした。

2回戦、青眼召喚獣

マッチ1戦目、先攻。誘発で動きを止められ高打点でゴリ押しされ敗北。

マッチ2戦目、先攻。イデア、エイドスでギリギリまで粘って壊獣の眠りで場を一掃、虚無魔人を立ててビートダウンし勝利。

マッチ3戦目、先攻。身動きが取れずメルカバーを立てられそのまま青眼の打点に押され敗北。

 

反省点

今回負けた原因はサイドデッキの準備不足、デッキの弱点の知識不足が敗北へと繋がったので次回は環境デッキや環境にワンチャン食い込むようなデッキの弱点を調べてそれに刺さるカードを探してサイドデッキを構築していきたいと思いました。