決闘者の記録

凡人が趣味について記録してくブログ

【遊戯王】AF壊獣帝を組んでみた

f:id:jokun0404:20170422093318j:plain


こんにちは、遊戯王大好き「ジョウタロウ」です。

 2018/04/01のリミットレギュレーション変更で《汎神の帝王》が準制限から無制限カードへと緩和されたのをきっかけにAF壊獣帝を構築してみました。

もくじ

 デッキ構築

f:id:jokun0404:20180510115218j:plain

f:id:jokun0404:20180510115459j:plain

f:id:jokun0404:20180510115609j:plain

 

 デッキの特徴

純帝デッキでは上級モンスターが多いゆえに事故が起こりやすくアドバンス召喚の妨害に遭いやすいデッキでした。

しかし、AF壊獣帝は上級帝をアドバンス召喚するためのリリース要因を確保しながら妨害できます。さらに手札誘発で妨害されても《アーティファクト》や《壊獣》で対応することができます。

《アーティファクト》

帝との相性は抜群です。特に《アーティファクトの神智》はリリース要因を確保し、効果で特殊召喚した《アーティファクト》で相手の妨害もできて非常に優秀です。

帝デッキはバックを狙われると致命傷なので《アーティファクト》はバックを割られた後の対策としても優秀です。

そして《アーティファクト》は《真源の帝王》とランク5のモンスターに繋げる事ができます。《震源の帝王》は容易に特殊召喚ができるので高確率でランク5のモンスターにアクセスできます。

《壊獣》

基本は相手の盤面を崩す役割です。壊獣も帝と同じくアドバンス召喚することができるので手札に上級帝がいない場合の上級モンスターの役割を果たすこともできます。

採用する《壊獣》は《多次元壊獣ラディアン》と《海亀壊獣ガメシエル》を採用しました。

《多次元壊獣ラディアン》は《闇の誘惑》に対応しており《妨げられた壊獣の眠り》からサーチし無理やり《闇の誘惑》に対応させることも可能です。

《海亀壊獣ガメシエル》は《妨げられた壊獣の眠り》を使用するための数合わせの役割と上級帝とエクシーズしランク8のモンスターに繋げる2つの役割を兼ね備えています。

《妨げられた壊獣の眠り》はフィールドを1度リセットしてリリース要因を確保できます。

とても強力な効果を持っていると同時にサーチ効果を兼ね備えているので《壊獣》を採用する場合は必ず採用したいカードです。

 《カイザー・ブラッドヴォルス》

このカードはアドバンス召喚のためのリリース要因が少なかったことと上級モンスター扱いとして使用できます。

他にも《闇の誘惑》に対応できるという理由やレベル5なので《アーティファクト》や《震源の帝王》とランク5のエクシーズモンスターに繋げることができるので採用しました。

 

 エクストラデッキ

f:id:jokun0404:20180510142017j:plain

 

エクストラデッキの特徴

 主にランク5、ランク6のモンスターを採用しています。

サイドデッキに《超融合》を採用しているので相手依存のモンスターが多く採用されています。

基本的に《No.61 ヴォルカザウルス》で相手モンスターを破壊し《迅雷の騎士 ガイアドラグーン》でとどめを刺すという使い方になると思います。

エクストラデッキにはランク8のモンスターが採用されていませんが優秀なランク8モンスターを採用していきたいです。

 

最後に

AF壊獣帝を構築してみましたが、まだまだ不完全な構築なので、Twitterでアドバイスの方をお待ちしております。

この記事をご閲覧頂きありがとうございました。